ピッキングはどんな仕事内容?

シングルピッキングとは

ピッキングの仕事内容を一言で表すと、倉庫内のあちこちから必要な商品やパーツを集めてくる作業です。ピッキングには「シングルピッキング(摘み取り式)」と「トータルピッキング(種まき式)」の2つの形式があり、どちらを採用するかは倉庫によって異なります。

シングルピッキングは、受注ごとに品物を集める方法です。集めた品物は、発送先ごとにまとまっているため、そのまま梱包担当者に流せます。通販会社などで採用されることが多い方法です。工場にはピッキングスタッフが複数いますが、作業はそれぞれ一人で行います。必要な品物を集めるためには倉庫内を歩き回る必要があり、自分のペースで体を動かして働きたい人に向いている仕事です。

トータルピッキングとは

トータルピッキングとは、複数の注文を合算して必要な品物をいったん一つのところにまとめ、そこから発送先ごとに振り分けていく方式です。集められた品物がまとめられている棚から必要な品物をピックアップしてベルトコンベアに乗って流れてくる箱に入れていく方法で行ったり、手作業で仕分けたりと、倉庫によって方法は異なります。倉庫内を動き回ることがないため、シングルピッキングほど身体を動かす量は多くありません。

同じピッキングの仕事といっても、勤務先の工場がシングルピッキングとトータルピッキングのどちらを採用しているかによって仕事の仕方が大きく異なります。派遣で働く場合は、派遣元企業の担当者に業務内容をよく確認しておくと安心でしょう。