組み立てや加工の仕事内容を解説!

仕事の種類と仕事内容

さまざまな職種がある工場の仕事ですが、そのうちの1つが製造です。製造は組み立てと加工に大きく分けられ、ライン作業で自分の持ち場の組み立て作業をモクモクと繰り返すのが一般的な組み立て業務です。加工の代表的なものとしては、食品加工と金属加工があります。食品加工の仕事はライン作業が多く、食材のカットや味付け、盛り付け作業などに分担して進められます。組み立てと同じように、各担当者は自分に与えられた作業を何時間も繰り返すことになります。

金属加工は自動車部品や家電製品の電子部品などを作る仕事で、金属を削ったり切断したり、プレスによって変形させたりする仕事です。金属加工というと、製作図面に基づいて部品などを製造する機械加工を指すこともありますが、実際にはそれだけではありません。熱によって、金属の性質を高める熱処理加工や、金属同士を接合させる溶接なども金属加工です。

仕事を通して得られるモノ

金属加工の仕事では、数多くの専門的な知識やスキルが身につくことは言うまでもありません。スキルアップにつながる専門資格が多く、実務経験を必要とするものもあることから、仕事の中で得られた知識やスキルは貴重な財産になることがうかがえます。モノ作りにやりがいや喜びを感じる人は、キャリアパスとして検討すべき選択肢でしょう。

それでは、組み立ての仕事では高度なスキルが身につかないかというと、決してそうではありません。覚えることが少ない組み立て作業でも、仕事の速さと正確さは非常に重要です。生産性を高めるように努めることによって、効率よく作業を行う力が養われます。未経験でも間口の多い仕事なので、興味のある人は検討すると良いでしょう。