検査や検品の仕事内容について

検査や検品の仕事を詳しく解説!

検査や検品の工場の仕事は、求人情報サイトや情報誌で数多く掲載されています。製品をチェックする仕事だろうということは何となくわかりますが、具体的にどのようにして検査するのか、何を目視するのかといった、作業のイメージをつかむのは難しいかも知れません。検査や検品の仕事は、たとえば電化製品であれば商品や付属品、箱などにキズや汚れはないか、ちゃんと動作するかなどを、目視や検査機器を使用してチェックします。飲料水や化粧品であれば、異物が混入していないか、不良品はないかなどの検査をおこないます。そして、ピッキングの作業後の伝票を見ながた、製品の種類と数量が伝票通りかどうかをチェックする検品の仕事もあります。

検査や検品の仕事に向いている人や作業時の心がまえ

工場の求人で、検査や検品の作業の仕事に応募しようと検討している人は、自分に向いているか、どんな点に気を付けて作業をするのかなど、色々と知りたいと思っている人も多いでしょう。検査や検品の作業は、数多くの同じ商品のチェックを繰り返しおこなう仕事です。何時間も同じ作業をすることもあるため、飽きやすい人は向いていないかも知れません。反対に、単純作業の繰り返しでも苦にならないという人は検査や検品の仕事が向いています。

検査や検品の仕事は、いつでも正しいチェックができるように、目視する商品の知識をしっかりと身につけて、そのうえで不具合や不備のある商品をいち早く発見することが求められます。検査や検品は最終段階の工程であり、その後に商品は出荷されるため、不良品を見逃さないように、作業に集中し、責任感をもって仕事をすることが大事です。

派遣の求人は、高度な専門技術や資格を必要とする職種ばかりでなく、事務や営業など未経験者も採用されやすいものまで様々です。